最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

気になるプロセス

ちょっと気になるプロセスの一部
項目名それは何?
cftmonMicrosoft Officeの入力システム拡張プログラム
svchostOS内の各種サービスを起動するさいに必要なプログラム。複数起動していることが多い
msmsgsWindowsMessagngerの常駐プログラム
ccAppシマンテックのセキュリティプログラム
qttaskQuickTimeの常駐プログラム

不要な常駐ソフトを解除する

ORA-00922: オプション指定されていないか、または無効です

tkprofコマンドを実行して、変換後ファイルに以下の内容のエラーが出ていた場合の対処。

Error in CREATE TABLE of EXPLAIN PLAN table: xxxxxx.prof$plan_table

ORA-00922: オプション指定されていないか、または無効です。

英語だとこんな感じ。

Error in CREATE TABLE of EXPLAIN PLAN table: xxxxx.prof$plan_table
ORA-00922: missing or invalid option

マニュアルを見る限り、explainオプションを指定して実行する場合、暗黙のうちにスキーマ名.prof$plan_tableを一時テーブルとして作成し、処理終了後削除することになっている。テーブル作ったり削除したりする権限があるユーザーを指定しているのに、こんなエラーになった場合の対処は・・・

tkprofで、table=スキーマ名.plan_table オプションを指定して実行すること。tkprofをするぐらいだから、おそらくplan_tableは既に作られてるはず。なのでそれを利用して実行するとうまくいく。

どうやら10gから、tableオプションを指定しないといけないことになったらしい。

ちなみに、table=xxxxx.AAAみたいにやっても同じエラーになったので、うまく一時テーブルを作成できないのかも。そのユーザーにcreate any table権限とかが付与されていたらうまくいったのかな?

2007年8月29日 (水)

今日読んだ記事

第92回 静岡茶を世界ブランドにする方法

すばらしい上司は世の中にはいないので、自分がなるしかないんだよね

第49回 もう通わない心……部下から上司へ7通の手紙
まぁ、上司といってもこんなもんなんだよね・・・

「転職市場に出てくる人材で本当に“転職すべき”は約2割」
この中の、「人事部は責任を果たしているか」「会社の方針を翻訳できない上司が部下を追いつめる」「無自覚な経営者が退職者を増やす」

備忘

ガートナーの人が語っていたバックアップ・リカバリに関して提言する概念3つ。

・階層型リカバリー・サービス

・CDP(Continuous Data Protection)

・デディプリケーション

2007年8月25日 (土)

IMP-00020: LONG列は列バッファ・サイズに対して大きすぎます。

importしていて、こんなエラーになったときの対処

IMP-00020: LONG列は列バッファ・サイズ(2)に対して大きすぎます。

(かつ、LONG列なんてテーブル定義に存在しないのに、という場合)

Oracle10gになればimpコマンドではなくData Pumpを使用するから、これからはあまり使わないのだろうけど・・・

この場合、bufferパラメーターの値を大きくしてやりなおせばよい。
buffer=99999999でエラーになったけど、buffer=200000000にしたら正常にimportされました。

海外のサイトでは、同じような目にあって"stupid Oracle"って書いていた人がいましたね(LONG列は関係ないのに、こんなエラーメッセージだから)。

備忘のため


JSPの起動を高速化する

メモ

これも備忘のため。tomcatでコンパイルできませんでした、というエラーがでたときの対処。

CATALINA_HOME/workの下です。workをディレクトリごと削除して良いです。
http://www.javaroad.jp/bbs/answer.jsp?q_id=20051128005521164
http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=14191&forum=12&5

JSPのクラスをコンパイルできません
http://eclipsewiki.net/eclipse/?%B2%E1%B5%EE%A4%CE%C3%CC%2F1
これはeclipseのプラグインの話ですが

tools.jarをコピーするとうまく動いた
http://rararahp.cool.ne.jp/cgi-bin/lng/java/javalng.cgi?print+200305/03050005.txt
http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=19661&forum=12&6

あと、確認用試しページとしてhoge.jspを用意して動作確認。
↓hoge.jspの中身はこんなんでよい。
<html>
<body>
<%=new java.util.Date()%>
</body>
</html>

IIS+TOMCATで動かすための設定

メモ程度だけど、動かすために調べた記録。

[IIS HowTo]
http://tomcat.apache.org/connectors-doc-archive/jk2/jk/iishowto.html
通常、iisはサーブレットやjspを実行できないので、iisを、jk isapiリダイレクタプラグインがサーブレット/jspリクエストをtomcatへリダイレクトするようにiisを設定する必要がある。
tomcatリダイレクタは以下の3つを必要とする

  • isapi_redirect.dll
  • workers.properties
  • uriworkermap.properties

In the registry, create a new registry key named "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Apache Software Foundation\Jakarta Isapi Redirector\1.0"
Add a string value with the name extension_uri and a value of /jakarta/isapi_redirect.dll
Add a string value with the name log_file and a value pointing to where you want your log file to be (for example c:\jakarta-tomcat\logs\isapi.log ).
Add a string value with the name log_level and a value for your log level (can be debug, info, error or emerg).
Add a string value with the name worker_file and a value which is the full path to your workers.properties file (for example c:\jakarta-tomcat\conf\workers.properties )
Add a string value with the name worker_mount_file and a value which is the full path to your uriworkermap.properties file (for example c:\jakarta-tomcat\conf\uriworkermap.properties )
Using the IIS management console, add a new virtual directory to your IIS/PWS web site. The name of the virtual directory must be jakarta. Its physical path should be the directory where you placed isapi_redirect.dll (in our example it is c:\jakarta-tomcat\bin\win32\i386). While creating this new virtual directory assign it with execute access.
Using the IIS management console, add isapi_redirect.dll as a filter in your IIS/PWS web site. The name of the filter should reflect its task (I use the name jakarta), its executable must be our c:\jakarta-tomcat\bin\win32\i386\isapi_redirect.dll. For PWS, you'll need to use regedit and add/edit the "Filter DLLs" key under HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W3SVC\Parameters . This key contains a "," separated list of dlls ( full paths ) - you need to insert the full path to isapi_redirect.dll.
Restart IIS (stop + start the IIS service), make sure that the jakarta filter is marked with a green up-pointing arrow. Under Win98 you may need to cd WINDOWS\SYSTEM\inetsrv and type PWS /stop ( the DLL and log files are locked - even if you click the stop button, PWS will still keep the DLLs in memory. ). Type pws to start it again.

[Workers HowTo]
http://tomcat.apache.org/connectors-doc-archive/jk2/jk/workershowto.html

↓日本語訳
JKとは何ですか?
http://www.jajakarta.org/tomcat/tomcat-jk2/ja/docs/index.html
IIS の手引き
http://www.jajakarta.org/tomcat/tomcat-jk2/ja/docs/jk/iishowto.html

[Apache-Tomcatのインストール (Win32)]
http://www.bitlink.co.jp/server/win_tomcat.htm
IISとの連携
TomcatをIISにアドオンさせて動作させるには、「isapi_redirector.dll」というモジュールを利用する。これを組み込むことで、Apacheと同じようにIISの80ポートをWebサーバとして利用し、Tomcatは単体でJSPエンジンの機能のみ動作させることができる。このインストールは意外と複雑なので、1つずつじっくりと行っていったほうがよい。インストールには「workers.properties」ファイルも必要なのでこれも用意しておく。

isapi_redirector.dll   
    <Listener className="org.apache.ajp.tomcat4.config.IISConfig"/>
conf\auto\uriworkermap.properties
    default.worker=ajp13
    /servlet/*=$(default.worker)
    /*.jsp=$(default.worker)
    /examples/servlet/*=$(default.worker)
    /examples/*.jsp=$(default.worker)
conf\auto\iis_redirect.reg
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Apache Software Foundation\
       Jakarta Isapi Redirector\1.0]
    "extension_uri"="/jakarta/isapi_redirector.dll"
    "log_file"="C:\\TOMCAT\\logs\\iis_redirect.log"
    "log_level"="emerg"
    "worker_file"="C:\\TOMCAT\\conf\\workers.properties"
    "worker_mount_file"="C:\\TOMCAT\\conf\\auto\\uriworkermap.properties"
workers.properties
「iis_redirect.reg」ファイルを実行し、レジストリに登録する。「server.xml」ファイルの内容を再び削除、またはコメントアウトしておく。
IISの設定を行う。既定のWebサイトで「jakarta」という仮想ディレクトリを作成する。既定のWebサイトのプロパティ、「ISAPIフィルタ」「追加」で、フィルタ名「jakarta」、実行ファイルはisapi_redirector.dllの絶対パスを指定する。

[TOMCAT4.1 Webサーバーとの連携(IIS) ]
http://www.nihon-eng.co.jp/c-break/TechNote/tomcat/TCAT41_IIS.htm
WindowsNT 4.0 +IIS4.0環境とWindows2000 + IIS5.0環境

■isapi_redirect.dllのダウンロード
■server.xmlの修正
    tomcatの再起動後、修正を元に戻す
■uriworkermap.propertiesの修正     ajp13
■レジストリへの登録
■workers.propertiesの作成
        worker.tomcat_home=%CATALINA_HOME%
        worker.java_home=%JAVA_HOME%
■IISの設定
    jakarta の作成
    ISPAIフィルタの追加

[IIS6.0 + Tomcat4 連携]
http://gee02535.cocolog-nifty.com/simple/2006/08/iis60_tomcat4__b9c5.html
■環境変数の設定                TOMCAT_HOMEを設定
■コネクタのインストール
        workers2.propertiesを開き、TomcatへリダイレクトしたいWebサイト名を追加する。
        [uri:/Webサイト名/*]
■IISへWebフォルダの登録        install4iis.jsを実行する    jakarta作成
■Tomcatの設定                    デフォルトポート(8080)をコメントアウトする。
■IISの設定                        IIS5.0 プロセス分離モード
■IISへWebサービス拡張の登録
■サービスの再起動

[IIS6.0 + Tomcat4.1.30 連携]
http://www.dsdb.jp/ikemasa/programing/server/iis6.0-tomcat4.1.30.html
■ 環境変数の設定                TOMCAT_HOME
■コネクタのインストール
        isapi_redirector2.dll
        workers2.properties
■IISへの登録                    install4iis.js →jakarta
■Tomcatの設定    デフォルトポートの隠蔽
■IISの設定        プロセス分離モードの設定
■IISの設定        WEBサービス拡張の追加
■サービスの再起動

[Integrating with IIS]
http://www.atlassian.com/software/jira/docs/v3.3.3/iisintegration.html

[Windows Server 2003でIIS6とTomcat5を連携させるには!? ]
http://blog.livedoor.jp/watabe_masaki/archives/cat_10005096.html
http://app.blog.livedoor.jp/watabe_masaki/tb.cgi/50194639
    リンク先のファイルがないみたいで残念
    →多分これ、http://www.roktech.net/devblog/enclosures/iis6-Tomcat5-JK2.pdf

[Windows Server 2003上のIIS 6.0とTomcatを連携させる。]
http://hsj.jp/works/2005/08/31/windows_server_2003iis_60tomca.html

[Install:  Install IIS 6.0 with Tomcat 4.1.29 using J2SDK 1.4.2 for ArcIMS 9.0 on Windows 2003]
http://support.esri.com/index.cfm?fa=knowledgebase.techArticles.articleShow&d=26151

あと、こんなのも。(ダウンロードファイルのありか)
http://archive.apache.org/dist/tomcat/tomcat-connectors/jk/binaries/win32/
http://archive.apache.org/dist/tomcat/tomcat-connectors/jk2/binaries/win32/

BBSなんかでは、
[Tomcat IIS connector]
http://www.forumtopics.com/busobj/viewtopic.php?t=38351            
[IIS or Tomcat; E6.5.1]
http://www.forumtopics.com/busobj/viewtopic.php?t=35158&postdays=0&postorder=asc&start=15   

[Sep 09, 2005 - Connect IIS 6 and Tomcat: for J2EE newbies ]
http://www.cflex.net/showFileDetails.cfm?ObjectID=296

[Java - Tomcat 5 with IIS6 using JK2]
http://www.velocityreviews.com/forums/t135661-tomcat-5-with-iis6-using-jk2.html

ポイントは、

・iis+tomcatコネクタ(リダイレクタ)には大きく2種類(jkとjk2)ある。jk2のほうが新しい。

・iis6の場合では、基本的にii5と同じように動くよう設定する必要がある

2007年8月23日 (木)

楽しい仕事をするための8つの条件

これまでのワークスタイルのベースにあった批判的思考から、ワークスタイルのベースをデザイン思考に変換していきましょう」ということで、
楽しい仕事をするための8つの条件

備忘の為(インストールするかどうかわからないけど)
どのアプリがどのぐらい使われているかを自動で解析してくれる『RescueTime』をレビューしてみる

一時ポートとして使われないようにするためには

備忘の為。
とあるポートを他のアプリケーションが(一時的に)使用してしまっており、本来そのポートを使って欲しかったアプリケーションが起動できないことがある。
その場合の対処方法は、そのポートを一時的に使用されないように設定する。
登録済みポートを一時ポートとして使用させない方法

Windows TCP/IP Ephemeral, Reserved, and Blocked Port Behavior

今日読んだブログ

よく人が辞める職場のリーダーは、何が間違っているのだろうか?
[モチベーションアップ-リーダーシップ]部下や後輩があなたを嫌う 10のワケ

リモートからMACアドレスを確認する方法

通常は、調べたいPC上でipconfigコマンドを実行して確認するわけだけど、リモートで他のPCのMACアドレスを調べたい場合は、getmacコマンドを使う。ただ、Solaris相手にやってみたらRPCサーバーを利用できません、というエラーになったので、相手先はWindowsだけに限定されるみたいだけど・・・

getmacコマンド

getmacコマンドでイーサネット・カードにバインドしているトランスポート名とMACアドレスを確認する

Getmac

getmacコマンドでネットワーク上の他のパソコンで使用しているイーサネット・カードのMACアドレスを確認する

2007年8月22日 (水)

シャットダウン時にスクリプト実行

詳細は以下を参照のこと。グループポリシーエディターで設定可能。


グループ・ポリシーを使って、コンピュータの終了時にコマンドを実行する

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »