最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日仕入れた雑知識 | トップページ | ORA-920、ORA-2063 »

2008年5月12日 (月)

32bit Windowsに4GB以上のRAMを搭載することは

話はWindows Server 2003にのみ限定。

すごくアバウトに話をまとめると
(1)Windows OS自体4GBまでしか物理メモリを認識しない
  ・実態は4GBよりももっと小さいらしいけど
  ・PAEを使うと、4GB以上の物理メモリを認識できるようになる
(2)Windows上で動く個々のプロセスは4GBまで使える/最大4GB割り当てられる
  ・これも2GB、/3GB or /4GTオプションを使えば3GBまで使えるようになる

詳細な議論としては↓
なんでもFAQ

/PAEを使っても、個々のプロセスが4GB以上つかえるわけではないとうことは以下のページに書かれている↓
The 4GB Windows Memory Limit: What does it really mean? - From BrianMadden.com

で、(1)で4GB以上の物理メモリを認識できることのメリットは、より多くのプロセスを実メモリ上に乗っけておく事ができるってことでしょうかね(ページングやスワッピングを減らすことにある?)。

« 今日仕入れた雑知識 | トップページ | ORA-920、ORA-2063 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181317/41184172

この記事へのトラックバック一覧です: 32bit Windowsに4GB以上のRAMを搭載することは:

« 今日仕入れた雑知識 | トップページ | ORA-920、ORA-2063 »