最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ORA-920、ORA-2063 | トップページ | ORA-03113: 通信チャネルでend-of-fileが検出されました »

2008年5月17日 (土)

DB_NAMEとInstance_Nameの違い

Ask Tom "Difference between DB_NAME and Instance_..."
Tom Kyteの回答によると、

A database is a set of files (data, redo, ctl and so on)

An instance is a set of processes (SMON, PMON, DBWR, etc) and a shared memory segment
(SGA).


A database may be mounted and opened by many INSTANCES (Parallel Server) concurrently.

An instance may mount and open ANY database -- however it may only open a single database
at any time.

Therefore -- you need a unique database name (for the sets of files).  The db_name is
burned into these files.  thats how it knows.

と言うようにDB NAME(db_name、database name)とINSTANCE NAME(instance_name)の違いを語り、さらに

A sid is "sort of" the same as the instance name -- if you:

$ echo $ORACLE_SID
ora8i

ops$tkyte@ORA8I.WORLD> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
----------------
ora8i


you'll see them as the same. I would go a step further -- the combination of:

o ORACLE_HOME plus
o ORACLE_SID plus
o HOSTNAME

identifies the instance (i can have two instances in different homes on a single machine with the
same sid).

と、SIDとinstance_nameの違いを語っている。

纏めると、

  • databaseは、各種ファイルの集合体。database名はそのファイルセットにつけられた名前
  • instanceは、SGAとオラクルのプロセスの集合体。instance名は、そのプロセスセットにつけられた名前
  • instance > ORACLE_SID。instanceは、ホストマシン・ORACLE_HOME・ORACLE_SIDによって識別される

« ORA-920、ORA-2063 | トップページ | ORA-03113: 通信チャネルでend-of-fileが検出されました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181317/41236518

この記事へのトラックバック一覧です: DB_NAMEとInstance_Nameの違い:

« ORA-920、ORA-2063 | トップページ | ORA-03113: 通信チャネルでend-of-fileが検出されました »