最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« DB_NAMEとInstance_Nameの違い | トップページ | RAID »

2008年5月17日 (土)

ORA-03113: 通信チャネルでend-of-fileが検出されました

これもリモートのテーブルと表結合したSQLを実行したときに発生した問題。とりあえずバグとのことで以下の回避方法があるとのこと。

セッションレベル:
  - 該当セッションに event 10176 を設定する
     alter session set events '10176 trace name context forever, level 1';

インスタンスレベル
  - 初期化パラメータファイルに以下のパラメータを設定後、
    データベースを再起動

     event="10176 trace name context forever, level 1"

一旦エラーがでてしまうと、SHEARED POOL上のキャッシュをクリアしないと、上記イベントの指定をしてもエラーが出てしまう。

« DB_NAMEとInstance_Nameの違い | トップページ | RAID »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181317/41236557

この記事へのトラックバック一覧です: ORA-03113: 通信チャネルでend-of-fileが検出されました:

« DB_NAMEとInstance_Nameの違い | トップページ | RAID »