最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 行(レコード)を列(カラム)として表示 | トップページ | 「Firefoxの必携アドオン10選」 »

2008年6月13日 (金)

行移行と行連鎖

あいまいだったので整理。

連鎖:一行が複数ブロックにまたがって格納されている状態

で、連鎖は以下の2つ、行移行と行連鎖に分かれる。

行移行:
 発生条件:更新によりレコードの長さが拡張し、現在そのレコードが格納されているブロック内に収まる事が出来なくなった場合
 現象:別のブロックにレコードが移行し、元の場所には移行元のROWIDが残される

行連鎖:
 発生条件:1レコードの長さが1ブロックに収まらない場合
  ※なんか項目(列)が多い+項目長が長い、という組み合わせで発生するケースだけど、たとえばブロックサイズを8KBとしたとき、8KB(正確には違いますが)以上の長さのレコードってすごくないですか?TMの佐藤さんが見たらダメダシ間違いなし

« 行(レコード)を列(カラム)として表示 | トップページ | 「Firefoxの必携アドオン10選」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181317/41521065

この記事へのトラックバック一覧です: 行移行と行連鎖:

« 行(レコード)を列(カラム)として表示 | トップページ | 「Firefoxの必携アドオン10選」 »