最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »

2008年12月

2008年12月 4日 (木)

ファウラーの言う
・トランザクションスクリプトパターン
・テーブルモジュールパターン
・ドメインモデルパターン
に関連して見つけた記事をメモ。

まず、ここ↓
システム設計日記 | 20080806

ついて、ここの掲示板
GotDotNet Japan 掲示板

 2005.9.7のTechEDフォローアップセミナ
 「.NETアプリケーション設計と開発の本質」

 で、ビジネスロジックのパターン選択として
  トランザクション スクリプト
  ドメイン モデル
  テーブル モジュール
 のパターンの適用方針の解説がありました。
 スピーカはエバンジェリストの中原さん(あれ?漢字あってます?)

 簡単に解説すると・・
  トランザクション スクリプト
   手続き型的なアプローチ
        メリット:開発者なら大半が理解可能な手続き型モデル
    デメリット:複雑なビジネスロジックの構築・保守が困難
           ビジネストランザクションの単位でメソッド化
            =>複数のビジネスロジック間で重複が発生しやすい
           明確な構造をもたないルーチンの絡まりあいになりやすい

  ドメイン モデル
   OO的なアプローチ
    メリット:OOのメリットをフルに発揮、複雑なビジネスロジックを
         体系化したモデルで構築・保守可能
    デメリット:OO設計・プログラミングに精通していないと開発困難(高いスキル要)
         フルにオブジェクトモデルで構築する場合、ORマッピングの基盤
         が必須ろなるが開発は容易ではない。

  テーブル モジュール
   レコードセットを活用したデータ中心アプローチ
   トランザクションスクリプトとドメインモデルの中間的な存在
    メリット:テーブルを軸にビジネスロジックが体系化されている
         レコードセットはUIとの親和性が高い(バインディング)
         .NETではDataSetが存在するので、
         テーブルモジュールパターンの適用が極めて容易
    デメリット:OOのアプローチ(継承、デザインパターン)ができない
         複雑なビジネスロジックの構築・保守への対処がやや困難

 .NETの一般的なケースでは「テーブル モジュール」がベター

じゃ、ドメインモデル的に実装するとしたら、ってことで
ドメインモデル的な実装サンプル↓
どっとねっとメモ:ドメインモデルサンプル

« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »