最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月22日 (水)

重複行の削除(rowidを使ったやり方)

これがその1(極値関数の利用)

DELETE FROM Products P1
WHERE rowid < ( SELECT MAX(P2.rowid)
                   FROM Products P2
                  WHERE P1.name = P2. name
                    AND P1.price = P2.price ) ;

EXISTSを使ったパターン(非等値結合の利用)

DELETE FROM Products P1
WHERE EXISTS ( SELECT * FROM Products P2
                 WHERE P1.name = P2.name
                   AND P1.price = P2.price
                   AND P1.rowid < P2.rowid );

つまりは、重複している行のうち、一番デカイROWID以外のレコードは削除!ってことです

再帰クエリー

かなりウカツだったんですが、いつの間にやらSQLServerでは使えるようになっていたのですな!

[TSQL]再帰クエリ
再帰クエリその2
再帰SQL — Let's Postgres

Oracleでは、共通表式のWITH句は使えますが、WITH RECURSIVEによる再帰SQLはできませんでしたね。
かろうじてCONNECT BYによる階層問い合わせが出来ましたが、件数多いと全然帰ってこなかったんで、今までほとんど遣ったことないです。


2009年4月 9日 (木)

「スマートなアプリケーションアーキテクチャの構築」

スマートなアプリケーションアーキテクチャの構築(1):CodeZine

ジェネリクス使って、プロパティの代わりにフィールドを定義するっていうお話ですな。

Microsoft Online Servicesの値段が出てた

「Microsoft(R) Online Services」の提供価格、早期申込割引キャンペーン、販売支援パートナーを発表

<価格表>

 

Exchange
Online
Deskless
Worker
SharePoint
Online
Deskless
Worker
Deskless
Worker
Suite
Exchange
Online
SharePoint
Online
Office
Communications
Online
Office
Live Meeting
Business
Productivity
Online Suite
(BPOS)
209円 209円 313円 1,044円 757円 261円 800円 1,567円
SA 付きでお持ちのライセンス Enterprise CAL / Core CAL Office Live Meetingは、
ステップアップ価格なし
Enterprise
CAL
Core
CAL
Exchange
Server CAL
SharePoint
Server CAL
Office
Communications
Server CAL
ステップアップ価格 899円 555円 195円 1,037円 1,269円

« 2008年12月 | トップページ | 2009年5月 »