最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 重複行の削除(rowidを使ったやり方) | トップページ | SQLServer 2008 »

2009年5月14日 (木)

「SSDだとOracleは速い?」

 これらの結論としてChaffanjon氏は、典型的なオンライントランザクション処理でOracleデータベースを使っている場合、I/O性能がボトルネックになっているケースでは、Seagateの1万RPMのHDD2台を1台のIntel製SSDで置き換えるほうが有利としている。同等のスループットが出せるだけでなく、応答速度が2倍になる。  また、ピーク時のSSDの性能はメモリに迫るものがあり、SSDでは685TPS(応答時間30ms)、メモリでは821TPS(応答時間24ms)となったという。  逆にCPU性能がボトルネックになっている場合、SSDへの置き換えでは、容量単価が高くなるばかりで、HDDを置き換えたときの性能向上が限定的になる、としている。
SSDだとOracleは速い? サンの技術者がベンチ公表 - @IT

« 重複行の削除(rowidを使ったやり方) | トップページ | SQLServer 2008 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181317/45011822

この記事へのトラックバック一覧です: 「SSDだとOracleは速い?」:

« 重複行の削除(rowidを使ったやり方) | トップページ | SQLServer 2008 »