最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 空き領域の監視 | トップページ | SQLServerのデータファイル空き容量の出し方 »

2010年6月17日 (木)

SQLServerのストアドみたいな感じにするには

SQL Serverの場合だと、ストアド内で実行されたSELECTの結果をそのままレコードセットに突っ込まれますが、Oracleの場合だと、そういうわけには行かず、こういうやり方があると昨日初めて知りました。

pipelinedを使うやり方だそうです(まだ試してないですが)。

<a href="http://d.hatena.ne.jp/Sikushima/20100614/1276477218">ストアドプロシージャでできないと思うのはOracleのせい - SQLer 生島勘富 の日記</a>

« 空き領域の監視 | トップページ | SQLServerのデータファイル空き容量の出し方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181317/48654720

この記事へのトラックバック一覧です: SQLServerのストアドみたいな感じにするには:

« 空き領域の監視 | トップページ | SQLServerのデータファイル空き容量の出し方 »