最近のトラックバック

最近のコメント

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« SQL*Plusとsqlcmd | トップページ | Analysis Servicesのメジャー項目 »

2013年3月13日 (水)

IndexのDisableとDropの違い

Disabling vs. Dropping Indexes

  • disable
    インデックスヒントで指定してしまうとエラーとなる。
    外部キーも無効になる。
    →非クラスタ化インデックスの場合、ページは解放される。
    →クラスタ化インデックスの場合、テーブルなのでそのまま残るが、drop/rebuild以外は不可。
     関連する非クラスタ化インデックスやビューもアクセスできない。
     外部キーも無効。
     テーブルに対するクエリーはエラーとなる。
    re-enableする場合は、rebuildするしかない。alter index....enableコマンドは存在しない。
    rebuildすると、sys.dm_db_index_usage_statsの値はリセットされる。

  • drop
    クラスタ化インデックスでインデックスをdropすると、テーブルはheapになる。
    dropすると、再びcreateするしかない。

« SQL*Plusとsqlcmd | トップページ | Analysis Servicesのメジャー項目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181317/56946750

この記事へのトラックバック一覧です: IndexのDisableとDropの違い:

« SQL*Plusとsqlcmd | トップページ | Analysis Servicesのメジャー項目 »