最近のトラックバック

最近のコメント

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

コンピューター

2008年4月15日 (火)

Webroot Spy Audit

Webroot社が今までだしていた無料のWebroot Spy Auditがなくなっていた。

ダウンロードボタンとページはまだ残っていたけど、ボタンをクリックしても遷移先のページがなくなっており、かわりに無料スパイウェア スキャンとしてSpy Sweeper スパイ スウィーパーのトライアル版がダウンロードされるようになった。

まえのSpy Auditだと、exeファイルをダウンロードしてそのまま実行すればよいだけだったのに、こんどは試供版をインストールしなくてはならないなんて・・・

2007年11月22日 (木)

情報処理

W=ρ/(1-ρ)×TS

情報処理

  • フルバックアップ……フルバックアップは,対象となるデータベースやシステムなどを保存しているすべてのファイルのバックアップである。システムやデータベースの初期状態をフルバックアップしておく。業務の運用開始後は,週1回,月1回などのように定期的にフルバックアップを取得する。
  • 差分バックアップ……差分バックアップは,フルバックアップ取得以降に更新された部分についてのバックアップである。一般にフルバックアップに比較すれば,バックアップ取得時間が短い。時間の経過とともに,バックアップ取得対象が多くなるため,後述の増分バックアップに比較して時間を要する。万一の場合には,フルバックアップと直近の差分バックアップを組み合せて復旧作業を行う。
  • 増分バックアップ……増分バックアップは,前回のバックアップ(フルバックアップ,増分バックアップ)取得以降に更新された部分を取得するバックアップである。バックアップ取得時間は3種類のバックアップのうちで一番短くなる。万一の場合には,フルバックアップとフルバックアップ以後に取得した増分バックアップを組み合せて復旧作業を行う。

情報処理

労働者派遣法においては以下の業務以外については,労働者派遣事業を行うことができる。
  ①  港湾運送業務
  ②  建設業務
  ③  警備業務
  ④  政省令で定める業務

2007年11月21日 (水)

プログラミング言語Lua

プログラミング言語Luaの紹介
Lua 5.0 リファレンスマニュアル
Lua
第2回:言語開発者が目標にするパフォーマンス「Lua」


トンネリング

まだ自分では試して成功してないけど・・・
httpトンネリングを考えるページ <--まとめサイトっぽい

【HTTPort】
有料登録しないとフルスペックの機能を使うことはできないもよう。freeだと、使える機能も限定、あと外部にある共用サーバー経由でアクセスするためかなり遅いとのこと。

HTTPortでファイアーウォール(プロキシ)を超えよう

HTTPort





2007年11月20日 (火)

情報処理

  • フェールセーフシステム……システムの一部に故障や障害が発生したとき,その影響が安全側に作動し,障害発生前と同様の処理能力を維持できるシステムである。人命や社会基盤にかかわるシステムに要求される。
  • フォールトトレラントシステム……システムの構成要素に故障が発生しても,全体としては正しく動作するよう設計されたシステムのことである。
  • フェールソフトシステム……障害を起こした装置の切離しを行った結果,処理能力の低下はあるものの,システムの全面停止とはならないシステムである。 また、処理能力が低下した状態でシステムを運用することをフォールバック(縮退)運転という。

情報処理

  • パイプライン方式は,命令を1ステージずつずらし,複数命令を同時に実行する。スーパスカラ方式のように,ある時点で同一ステージが並行して実行されることはない。
  • スーパパイプライン方式は,1ステージをさらに細かく分けてクロック速度を上げ,複数命令を同時に実行する。
  • スーパスカラ方式は、1クロックサイクル中に複数の独立した命令の同一ステージを同時に実行する。

情報処理

  • 一括消去型EEPROM(Electrically Erasable Programmable ROM) 記憶内容を保つための再書込みが不要で,電気的に全部又は一部分を消して内容を書き直せるメモリである。  →フラッシュメモリ
  • EPROM(Erasable Programmable ROM) 紫外線で全内容を消して書き直せるメモリである。
  • SRAM(Static RAM) データを速く読み出せるので,キャッシュメモリとしてよく用いられる。
  • DRAM(Dynamic RAM) リフレッシュ動作が必要なメモリで,主記憶に広く使われる。

2007年11月 6日 (火)

プログラミング言語「Haskell」

知るきっかけは↓
【新・言語進化論】次にくる!新登場言語

いろいろ調べてみると結構あるのね、ネット上にも。

Programming in Haskell ページへようこそ

なぜ関数プログラミングは重要か

Haskell 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本物のプログラマはHaskellを使う

Haskell のお勉強

Haskell 結城浩

About Haskell

より以前の記事一覧